がんの発生リスクを高める要因


がんの発生リスクを高める要因

「がん」は正常な状態の遺伝子が傷つくことで起こる病気です。すべての人にとって身近なものですが、日々の食生活や習慣の見直し、カウンセリングを受けることで、予防や健康の維持につなげることができます。

どうして「がん」になるのか

どうして「がん」になるのか

人間の体はたくさんの細胞で構成されています。普通に生活していても、細胞は常に何らかの刺激を受けていますが、細胞は傷ついても自己回復し、元通りになる力を持っています。

また、細胞は正常だと体や周囲の状態に合わせて細胞を増やしたり、増えるのをやめたり、成熟して分化するなどの調節ができます。しかし、遺伝子に変化が起きて調節が難しくなると、正常な状態を保つことが難しくなります。

細胞の持つ回復力を超えるダメージを受け続けたとき、傷ついた細胞が「がん細胞」に変化します。がん細胞は、はじめは腫瘍や粘膜など小さな変化で現れ、正常な細胞から栄養分を奪って成長しつつ、時間の経過に従って増殖します。

その後、多くの組織・臓器に転移し、器官としての機能を破壊してしまうのです。体中の機能を衰えさせるがんは進行に個人差があるものの、できるだけ早い段階で発見することで対策をとることもできます。

がんは生活習慣病の1つ…発生リスクを高める要因とは

がんは生活習慣病の1つ…発生リスクを高める要因とは

がんは、生活習慣を見直すことで発生リスクを低下させることも可能です。

喫煙・飲酒・食事

喫煙は非喫煙者に比べて肺がんのリスクが高く、非喫煙者であっても受動喫煙でリスクが高まります。また、過度の飲酒や塩蔵食品の摂取量が多いのも危険です。飲酒は適量を守ること、食事は塩分の多いものは控えましょう。

肥満度・体活動

過体重と肥満によって、食道がんや大腸がんなどのリスクが高まります。国際的な研究では、BMI値が25以上を過体重、30以上が肥満ですので、運動不足と感じている方は日中・夜間の散歩や、体を動かす時間をつくることが大切です。

埼玉体質悩みを抱く方は、健康作りを目指す【痩健道Re】へお越しください。女性の40代・50代は不調や迷いが多く、健康や体重管理や体質悩みを抱く方も多いです。埼玉にある【痩健道Re】は、お客様の体質悩みに関するカウンセリングを行い、健康と美に関する正しい知識をお伝えしたあと、納得していただけることからスタートします。ダイエットが上手くいかないことで悩んでいる方も、個別のカウンセリングでサポートしますので、埼玉でお探しの際はご相談ください。

埼玉で体質悩みのカウンセリングを受けるなら【痩健道Re】

サイト名 痩健道Re
住所 〒343-0015 埼玉県越谷市花田6-1-16
電話 048-964-6686
URL https://koshigaya-diet.biz/

当サロンの紹介ページへ

最近の記事

  1. エステルーム・マッサージ室
  2. LINE
  3. 60代の痩身エステ・オイルマッサージ
  4. リバウンドしない
  5. ホルモン補充療法(HRT)
PAGE TOP