痩健道Reってなに?〜おばあちゃんの秘密編〜

これは今からほんの少し未来のお話。



99歳まで元気で生きたおばあちゃん

おばあちゃんの秘密

「好きなものを食べてさあ、好きなことして、それで死ねるなら最高じゃない?」 それが口癖だったおばあちゃん。

「おばあちゃん、それじゃ長生きできないよ!健康に気を使わないと!」 そうたしなめる孫の私。
ふふっ、といたずらそうに笑うおばあちゃん。「そういえばあのとき、高ちゃんがね…」また出てきた謎の名前。おばあちゃんの初恋の人かしら?

そんなおばあちゃんが去年、99歳で幸せそうに大往生。
確か今の私くらいの歳に急にスマートになって、だんだんと健康的になっちゃって。「おばあちゃん、若返ったねえ。」なんて母さんが言ってたっけ。

「あんなに好き放題に生きてたのに、最期まで元気で、ずいぶん長生きしたね、おばあちゃん。私は今、更年期をどうやって乗り越えようか悩んでるよ。」
そう思いながらふと考えた。



おばあちゃんの部屋にあった本

痩健道Reってなに?

・・・あれ?
おばあちゃんの好きな食べ物って?
おばあちゃんの好きなことって?

・・・もしかして
好きな食べ物がもともと体にいいものだった?
好きなことがもともと健康の秘訣だった??

そういえばよく口にしていた「高ちゃん」・・・って?

おばあちゃんの部屋を片付けながら見つけた一冊の本、おびただしい数のプリント用紙。

「痩健道Re?」

「なあに?これ?」



ここからは少し時間を戻して、「今」のお話。


恭子さん

あれもこれもみ〜んな試した!
でも私には向いていなかったの!

高ちゃん、ここに来るまで私ね、テレビで紹介してるダイエットや、デトックス、エステ、断食、とにかく何でも試したの。
更年期はつらいし、将来がどんどん不安になるし。
母を大腸がんで亡くしてるから、私もそんな体質なのかなとか。ものすごく怖くて、不安で。
でもね、どれも長続きしなかった。ちょっと減った体重も、ちょっとサボれば元どおりどころかリバウンド。
当たり前よね。ここに来て高ちゃんの話を聞くまで、私なーんにもわかってなかったんだもの。
ただ健康になりたい、いつまでもあちこち遊びに行きたい。
でもそのために“本当に私自身のためにどうすればいいのか”なんてこと考えてなかった。
みんながやってるんだから大丈夫。みんながそれで痩せてるのに、私だけ痩せないなんておかしい!
そんなことばっかり考えてた。

まくしたてるように話しているのは、先ほどの「おばあちゃん」恭子さんの若かりし頃。

その話をニコニコと、時に悲しそうに聞いているのが「高ちゃん」。
“高野豪”痩健道Reの塾長です。



痩健道Reで学んだこと〜恭子さんの場合〜

更年期の悩み

更年期の今が最後のチャンス!

がんになるのが怖いという恭子さん。そのために彼女は健康体重、がんに強い適正体重を目指しています。

「怖い」といっても気持ちの問題ではなくて、本当に現実的でリアルな問題。
おっぱい、子宮、卵巣という「女性のカラダ」を失う怖さ。
治療に専念するために失職や休職という、キャリアを失う怖さ。
かさむ治療費で貯金を失う怖さ…

お母様をがんで亡くした恭子さんだからこそ、自分なりに健康に気を使い、たばこを吸わず、お酒はやめました。
でも更年期が近づくにつれ、体はどうしても不調に。ダイエットしても痩せられない日々を送っていました。

「これまで見てきた人達ががんになった年齢から考えると、更年期の今がラストチャンスなのに…」恭子さんは悩んでいました。



運動で痩せられる?

向いていないダイエットは
もうたくさん!

例えば運動。スポーツクラブに入ればいいのかもしれないけど、仕事で人間関係のストレスにさらされて、その上また「人付き合い」なんて、もうたくさん!
でも一人で続けられるかなんて、とてもじゃないけど自信ないし、最近は足や膝にも痛みが出てきて、それもちょっと心配…

じゃあ食事制限?王道よね。最近では食べるダイエットとか、糖質制限とか、情報ならいっぱいある。そう思ってやってみたけど、思ったように体重は減らないし、減ってもすぐにリバウンド。食事制限する前より太っちゃうってどういうことなの?

最後はサプリ?あんなにいろいろある中で、何が私に効くの?そもそも食べるダイエットが上手く行ってないのに…



個別対応サロン

そんな都合のいいとこ、
あるわけない。

例えば、こんなところが理想。人付き合いを気にしなくていい個別対応。

「私だけの」体質や性格をきちんと判断してアドバイスしてくれる。

ついでにちょっとお洒落ならいい。リラックスできる場所で、ゆったり話ができて。

無理な運動はしなくても大丈夫で、更年期にも理解があって。愚痴まで聞いてくれたらなお嬉しいけど、そんなところあるわけない。



痩健道Reをネットで検索

痩健道Re。
なんだろうここ?

痩健道ってそもそもなんだろ?って好奇心で尋ねてみたのが最初。完全予約制で個別対応ってところが気になって。

びっくりする言葉が次々と出てきた。ちょっと見ただけで私の性格、痛いところ、つらいところをぜーんぶ当てられちゃった。

まずは腸をキレイにしましょう。って腸??腸で全身の血行が良くなる?にわかには信じがたかったけど、高野さん、丁寧に丁寧に説明してくれた。私にもわかるように、いろんな言葉で、いろんな方向から。

これが最後かもしれないから信じてみよう。そう思って続けてみることにした。話しているうちに、ああ、この人なら信じられるかも。任せられるかも。そう思えてきたから。



朝活習慣が身についた

「忙しいから、あとで!」って
言わなくなった。

エステをやる店を男性が一人でやってるっていうのも驚いたけど、それ以上に驚いたのが朝の5時30分からやってること。

最初はお昼を食べてから行っていたんだけど、高野さんから朝活の話を聞いていて、だんだん興味が・・・

思い切って朝5時30分に行ってみたら、店に着く前から爽やか。夜明け前の空気って、こんなにいいものだったんだ!って。

朝活を習慣にしたら、自分だけの時間が毎朝いっぱいできて、やりたかったことにチャレンジできるようになった。「忙しくて、痩せるための時間なんかない!」が口癖だったのに、今は別人みたい。

朝起きてすぐに計画を立てると、今日もやりたいことをやるための時間がいっぱいある!って嬉しくなる。だから、しっかりやろうって思う。そう思うとできる。この感覚、高ちゃん式ダイエットで身についたの。

しっかりやる前に高ちゃんから朝活ケアを受けられる。これも計画どおりに上手く行く秘訣。何をするにも、動く体じゃないとね。



豊かな暮らしに

やっと見つけた。
私のための場所。

結局のところもう数年、通い続けてる。目指していた健康体重にはとうになっているんだけど、何よりも高ちゃんとの話が楽しくて。

それにこの歳になると、「理想の体重になりました。はいおしまい。」ってわけにはいかない。きちんとした生活をきちんと続けることの難しさも知っている。だからね、「私のためのアドバイザー」は欠かせないってことにも気づいた。

私より私のカラダのいいところ、悪いところをよく知っていて、更年期もがんも詳しくて、ダイエットはもちろん、それ以外の悩みにも耳を傾けてくれる。

だからついつい通ってしまう。私の先生。高ちゃん、先生って風貌じゃないけどね。いつも柔らかい空気が周りにあるような、そんな優しい空間で過ごす時間が今はとても大切に思えるから。



痩健道Reは、いつでも貴女の悩みに応えます。
それぞれの「貴女」のために。

高ちゃん

一人で悩まず相談を。
「高ちゃん」はいつでもここにいます。

つらかったですね、長い間。

先の見えないがんへの不安。
一刻も早く痩せないと!と焦る貴女の気持ちを見透かしたような、
「誰でも簡単に痩せられる」「○○するだけダイエット」の数々…

さまざまな情報に翻弄され、あれこれ試しているうちに、どの方法も効かなくなって焦っている。
そんな女性が私のサロンに入門くださいます。

がんになりたくない貴女のためのダイエット情報は、楽園への正確な地図であるはずです。

「女性のカラダ」と向き合いましょう。
人それぞれ顔が違い、性格も違うように、体の状態も違います。

年齢、体質、ストレスの影響が強く現れる女性の体は、
「みんなと同じように」で痩せられることはないものです。

私はAさんとBさんに、全く逆のアドバイスをすることがあります。
なぜって?
それが、人それぞれに合わせているから。

「みんな、私の着ているものを見て笑ったわ。
でもそれが私の成功の鍵。みんなと同じ格好をしなかったからよ。」
これはココ・シャネルの言葉です。

貴女の「痩健道」は、貴女だけに用意された安心セカンドライフへの地図。
ダイエットへの焦りが消え、貴女だけの成功努力を楽しめる癒しの道です。

痩健道

私はいつでもここで温かいお茶を淹れ、みんなと違う貴女を待っています。
“高野豪”痩健道Reの塾長より

痩健道Reを友だち追加

友だちになりましょう!

ページのトップへ戻る